お知らせ

白岡八幡神社からのお知らせです。

令和5年八幡さまのお正月風景

2023/01/16

NEW

新年あけましておめでとうございます。

今年も新型コロナウイルの蔓延防止のため、昨年同様に今年も参道を二分し導線を長くして密を避ける対策等を行い、参拝者の方々が安心して参拝できるよう、神社関係者が様々な工夫を重ね無事初詣ができました。

今年も神楽殿での巫女舞やお囃子も中止して、甘酒やお神酒の振る舞いも出来ませんでしたが、昨年から白岡笑福会の方々が獅子舞1日4回と安来節1回を元旦から3日まで奉納いただきコロナ渦で寂しい正月を賑わせていただきました。

獅子舞は、諸説ありますが「悪魔祓い」、「飢饉や疫病を祓う」意のが込められていると言われています。
また、神楽殿前では獅子舞に頭を噛まれると「その人に付いた邪気を食べてくれる」、「飢饉や疫病を祓う」と言われており、子どもでは「厄除の効果が強くなり、学力向上や無病息災、健やかな成長」にご利益があると言われているようです。

初詣で獅子舞に頭を噛まれると「魔除けになり1年をよりよく過ごすことができる」とされています。
今年も人気で、獅子に噛まれた後多くの方が記念写真を撮っておりました。 

笑福会様の獅子舞は、白岡八幡神社の正月に無くてはならない行事となりました。
皆さん、来年もご家族でその年が良い年になるよう、獅子舞に噛まれにきてください。

ほかに、3日には蓮田市から遊楽座の方々から能舞の奉納をいただき、正月行事に花を添えていただきました。
遊楽座の皆さんありがとうございました。

なお、三が日ともに穏やかな正月でしたが、元旦の初詣に参拝された方は午前10時半ころから夕方5時半ころまで長蛇の列が切れず、昨年より2割以上多く、推計で約23,670人を超えたと思われます。(おみくじからの推計)

本年も皆様にとりましてお健やかな年でありますように御祈念申し上げます。

DSCN3042

DSCN3137

DSCN3100

DSCN3092

TOPへ戻る