白岡八幡神社

白岡八幡神社

白岡八幡神社

白岡八幡神社とは

今から1,100有余年前、平安初期の嘉祥2年(849年)に草創され、地域の文化を支え脈々と受け継がれてきた伝統ある神社です。
末社には「湯島天満宮」のご分霊が白岡天満神社に鎮座しています。

御祭神

応神天皇(正八幡)

仲哀天皇(若宮八幡)

神功天皇(姫宮八幡)

嘉祥二年(八四九)名僧 慈覚大師円仁により勧請するところといわれ、 正八幡、若宮八幡、姫宮八幡の御三座を奉斎され、古来より三社八幡と あがめ奉られております。

お知らせ

2018/10/09

NEW

七五三及びお宮参りの受付を行います。

2018/10/09

NEW

戦没者慰霊祭が行われました。

2018/10/02

2018.10.21 秋の大祭(灯篭まつり)が行われます。

2018/09/14

抜穂祭が行われました。

2018/08/28

第12回お宮と親子の集いが行われました。

2018/08/16

お盆の8月13日から15日までお休みいたします。

2018/07/05

第12回お宮と親子の集いのご案内

2018/07/05

夏越の大祓いが斎行されました。

2018/06/01

7月1日(日)に夏越の大祓(茅の輪くぐり)が行われます。

2018/05/08

御田植祭がおこなわれました。

2018/04/02

神社世話人会への参加のご案内

2018/03/02

3月11日(日) 春のまつりが開催されます。

2018/03/27

クリスマスローズとしだれ桜が見頃です

2018/03/27

日本庭園が完成しました

2018/03/27

白岡八幡神社 春の例大祭について

インスタグラム

画像

催しもの案内
行事風景

白岡八幡神社の年中行事、 地域の親子と交流や祭りの風景を紹介しています。

詳しくはこちら

画像

境内案内

白岡八幡神社の境内案内 摂社(神馬神社) 末社(猿田彦社、稲荷神社、日枝神社、三峯神社)

詳しくはこちら

画像

授与品

御札・御守・御朱印など毎日お授けします。 時間:9:00~15:00

詳しくはこちら

画像

年間祭典案内

1月~12月までの白岡八幡神社年間祭典案内 祈年祭・例大祭・秋季大祭 等

詳しくはこちら

地域の文化を支え、受け継がれてきた
伝統ある神社です。

御事歴

「白い鳩が舞う丘」地名発祥の地といわれております白岡に、私たちの祖先は今から 4,000年前の縄文時代に住みついたことが確認されております。 縁起によりますと、第54代仁明天皇の御宇(ぎょう=御代)、嘉祥2年(849年)勅命を受け、 慈覚大師 円仁がこの地に下り、草創されたと記されております。 新編武蔵風土記稿には康平5年(1062年)八幡太郎義家公が奥州征伐の途中、戦勝祈願の参拝をされております。 その後、建久6年(1195年)源頼朝公が義家公の古例にならって、当社へ御祈願、百余貫の所領を寄進しております。 また、武蔵七党の野与党、鬼窪、佐々木等土着武士の崇敬を得て、社殿の整備、社領の寄進がありました。 戦国時代に入り次第に衰えてきましたが、その後、氏子や崇敬者の努力により、元禄、寛延、明治と修復を重ね、 昭和45年(1970年)現在の社殿に改築されました。続いて玉垣、参道の整備がなされております。